バイアグラの効果作用と正しい飲み方

バイアグラの効果作用と正しい飲み方

バイアグラは有効成分としてシルデナフィルを含むED治療薬です。
ED治療薬の中では世界で最初に開発されました。
有効成分のシルデナフィルには血管を拡張する効果があります。
男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素濃度が上昇して血管が拡張されます。
さらにサイクリックGMPと呼ばれる物質が放出され平滑筋が緩み、海綿体に血液が流入して勃起します。
射精が終了するとPDE5という酵素がサイクリックGMPを壊し、勃起を終わらせます。

精神的もしくは身体的問題によりPDE5が増え過ぎると、サイクリックGMPが減少してペニスが勃起しづらくなります。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、PDE5の働きを阻害する効果があります。
PDE5の働きが阻害されると、サイクリックGMPが増加します。
サイクリックGMPは人体に備わった天然の血管拡張剤です。
海綿体への血流が増えてペニスが勃起しやすくなります。
バイアグラの用法としては、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが通常です。

シルデナフィルには即効性があります。
空腹時に服用すれば約30分でペニスが勃起し始めます。
服用して30分後から1時間後にかけて血中濃度が最大になります。
血中濃度の高まりに合わせて服用するのが、効果的なバイアグラの服用方法です。
バイアグラは食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用する必要があります。
食後に服用すると効果が半減する場合があるので注意が必要です。
服用前に食事を摂る場合には、脂肪分を少なくし量も腹7分目に抑えます。

食後にバイアグラを服用する場合には、2時間ほど時間を置くのが通常です。
脂肪分が多い食事を摂った場合には6時間から7時間ほど待つ必要があります。
胃や腸に付着した脂肪分はシルデナフィルを取り込みます。
脂肪分に取り込まれたシルデナフィルは便として排出されるため、体内に吸収されません。
バイアグラは用法を守ることでペニスを勃起させる強い効果を得ることができます。
食事と服用のタイミングには注意が必要です。

バイアグラ正しい飲み方を知って効果を最大に発揮する

バイアグラの容量には25mgと50mg、100mgの3種類があります。
容量が大きいほどペニスを勃起させる効果も強くなりますが、持続時間はいずれも約5時間です。
効果が現れ始めるまでの時間も、約30分と共通しています。
服用すると30分後から1時間後にかけて血中濃度が最大になりますが、約3時間後には効果が半減します。
短時間でペニスを勃起させる強い効果を得ることができるのが、バイアグラの特徴です。
日本国内では100mgの錠剤が未承認なため、25mgか50mgが使用されています。

25mgも50mgも性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するという服用方法は同じです。
食事の影響をうけやすいので、なるべく空腹時に服用します。
食後に服用する場合には基本的に2時間ほど時間を起きます。
脂肪分の多い食事を摂った場合には6時間から7時間ほど間隔を置く必要があります。
水やぬるま湯の他に、アルコールで服用することも可能です。
アルコールにはリラックス効果があり、精神的な緊張を緩和させペニスの勃起を促します。

バイアグラをアルコールで服用する場合には、アルコールを摂取し過ぎないように注意が必要です。
過度の飲酒により酩酊すると、性行為が困難になります。
またバイアグラには血管を拡張する効果が存在します。
服用後は酔いが回りやすい状態になるので、飲酒を控えます。
バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬ですが、正しい用法を守れば短時間で強い効果を期待できます。

日本国内では25mgと50mgのバイアグラによりED治療が行われています。
100mgの錠剤は海外から個人輸入すれば使用できます。
いずれも効果を最大に発揮するためには、性行為の1時間前に空腹状態で服用する必要があります。