バイアグラの購入先はどこが安全でお買い得?

バイアグラの購入先はどこが安全でお買い得?

ファイザー株式会社から販売されている世界で最初に登場したED治療薬として世界的にも名高いバイアグラですが、では入手するにあたってどこから購入するのが安全でありなおかつお買い得なのかについては悩んでいる人は多いでしょう。
バイアグラの入手に関しては、そこまで難しいわけではありません。
ただ、入手するにあたっては覚えておくべきポイントがいくつかありこれが守られていないと思わぬトラブルを呼び込んでしまう可能性もあるため、しっかりと注意点を把握したうえで手に入れておくことが求められます。

安全性を考えるならバイアグラの入手はクリニック

まず最も安全に手に入れる方法としてクリニックの医師から処方してもらう方法があります。
クリニックで処方してもらう手段がどうして安全なのかというと、医師が取り扱うバイアグラは正規品のもののみを取り扱っているためです。
この方法であれば偽物をつかまされる心配については、ほぼありません。
信頼されやすい医師がこの医薬品を取り扱うということで、安心してバイアグラを使用することができるという点もメリットです。

ただし、病院から入手するにあたってはデメリットもあります。
まず医師から処方されるということは、渡される数も決まってくるということです。
このため数多くほしいという人にとってはあまり向かない方法といえるでしょう。
もう一つのデメリットは、病院から入手する場合はかかる費用が高くなりがちなことであり処方のために病院に通った場合においては初診料が2,500円から10,000円くらいまでの値段がかかり医療機関によって差があることが挙げられます。

ただED治療は健康保険の対象外となっている場合もありますが、原因によっては健康保険が適用されるケースもありますのでまずは医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。
EDの原因が生活習慣病によって引き起こされるEDである場合において、糖尿病や高血圧症の一症状でEDが発生するケースに限っては保険適用で治療を受けながらEDを改善することが可能です。

性機能の損傷の場合も保険適用がされる可能性があります。
性機能が損傷されるケースでは交通事故などによって血管系や神経系に損傷を受けてしまったときや尿道下裂・先天性陰茎湾曲症・陰茎硬化症という陰茎海綿体白膜にしこりができている病気などにかかっている場合においてはこれらも保険適用の対象です。

安さを求めるなら個人輸入でバイアグラを入手

安いバイアグラを求めるのであれば、個人輸入を行うことでも入手することができます。
個人輸入を行うメリットは、バイアグラを自宅にながらにして購入することができることや病院の医師による処方よりもお得に手に入れることができる点など多いです。

バイアグラは海外の薬なので、国内の通販サイトでは入手できないのですが個人輸入の場合ではバイアグラは人気商品となっており価格もそこまで高くはありません。
個人輸入代行業者を利用した場合の価格は、薬価のかわりに、メーカーからの希望処方価格が設定されています。
希望処方価格は25mg錠の場合が1錠あたり1,100円となっており、50mg錠では1,300円ほどの価格となります。

このメーカーの希望処方価格を元にして、値段の設定を行って個人輸入代行業者は販売しています。
医療機関の価格設定については、希望価格よりも300円ほど割高となっていることを留意すると良いでしょう。

安さを念頭にして購入するのであれば、個人輸入代行業者を利用したほうがお得です。
個人輸入代行業者のサイトでは、会員登録をすることでポイントが貯まる仕組みになっていることも多く上手く活用することでよりお得に割り引かれた値段で購入できる可能性が高いです。

ただ、個人輸入で購入する場合は基本的にその後トラブルがあっても自己責任となっている場合が多いです。
ですので、慣れている人でないとなかなか利用することが難しいことを覚えておきましょう。
もしも、購入するにあたって不安がある場合や疑問を感じた場合は医師や薬剤師に相談してできるだけ解決するか、個人輸入をやめて病院で処方してもらったほうが良いといえます。
特に初めて購入するときには個人輸入を利用しないほうが無難です。

バイアグラには偽物が存在する?

気を付けなければならない点として、バイアグラには正規品ばかりが出回っているとは限らないということを覚えておきます。
中には偽物が出回っている可能性があり、知らずに偽物をつかまされることもあるので要注意です。
病院で処方してもらうときにおいては、まず問題なく利用することができますが個人輸入では通販サイトと同じように取り扱っている業者のサイトから申し込むことで手に入れますので、業者によっては充分なチェックがされていない場合があります。

もしも偽物をそうと気づかずに利用してしまうと、思わぬトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
その症状についてはなってみない限り分からないという面では不安にさせてしまいがちな部分もあるため、偽物をつかまされることがないように対策しておくことが大事です。

偽物をつかまされないようにするためには、個人輸入を利用するときに事前に代行する業者の評判を調べておいたほうが良いといえます。
業者の評判は、口コミサイトを見る事で知ることができやすいです。
実績のある代行業者は、トラブルになった場合でもできるだけ誠実に対応してくれることが多いですので信頼性のある個人輸入代行業者を見つけておいたほうが良いでしょう。

バイアグラが本物か偽物かを見分ける方法に関しては、WEBサイトでは見分けは残念ながらつかないのですが生産国が中国である場合はバイアグラの偽物がつくられやすいということがあり敬遠されています。
それから、外観を似せているが本物と比べ粗悪である場合も考えられます。
正規品よりも微妙に色や大きさが違うものがあり、もしも純正品を持っている人は比較すれば偽物の判別ができやすいです。

バイアグラのジェネリックだとさらに安く入手できる

ファイザー株式会社のバイアグラを購入する場合の価格は、となっています。
そこまで高くないことがメリットですが、バイアグラにはジェネリック医薬品とよばれる物もありそれを利用すればさらに安く入手することが可能です。
ジェネリックは、名前に関してはバイアグラではなく別の名前がついており中身や量はバイアグラの正規品のものと全く同じ成分が入っていますが値段に関してはバイアグラよりも安いためお得に入手しやすい商品でもあります。

この場合の希望小売価格は相場としては、100mgの場合は1錠で65円から250円程度・バイアグラのジェネリック50mgのものでは1錠で60円から200円程度となっていることが多いです。
ED治療を目的としたバイアグラの服用に関しては日本人が服用するときには通常は50mgでよいですので、100mgのものを購入する場合はピルカッターを使用して半分にすれば、さらに割安で購入することができることになります。

ただジェネリック医薬品には注意点もあり、こうした海外の薬は日本国内では未承認で、厚労省によって有効性や安全性が認められているものではないケースが多いことを考えておく必要があります。
説明書についても日本語で書かれてないないので、自身で翻訳しなければならないので注意しましょう。
ただ、大まかな流れに関しては日本と変わりありません。

もしもジェネリックを購入するときには、使用目的にあわせて購入する必要があります。
安いからといって、ただこうしたジェネリック医薬品を入手するのではなく身体に合うかどうかを確認して使用するようにしたほうがトラブル防止になります。
もしもなんらかの異常が認められるときには服用を中止して医療機関に診てもらうようにしましょう。